原土のテスト3/3:検証

スポンサード リンク

原土のテスト:結果検証

 

ここで各テストピースについて結果検証を行います。ぐい呑み型のテストピースが5個、板状のテストピースが16枚です。本焼成時間は火入れから9時間で目標温度に達して窯の電源をoffしました。

 

【焼成条件】
温度:1250℃ ねらし焚き(最高温度をキープする焚き方)実施せず
※1250℃に達した時点で電気窯の出力off。その後24h放置して徐冷。

 

焼成雰囲気:酸化焼成。電気窯にて計9h焼成。

 

 ぐい呑み型テストピース

釉薬はすべて灰釉1を一度だけ施釉。
左上からテストピース「O」100%の土、右がテストピース「J」100%。
左下から右へ:「J」50%・「J」30%・「J」80%(信楽ロット土とブレンド)
ぐい呑み型テストピース_結果

名称 耐火度:1250℃ 収縮率 釉の発色(灰釉1)
「O」100% ○:(ひび小) 15.8% ◎
「J」100% ×:水漏れあり(ひび大) 29.4% × ×:素地に吸収された?
「J」80% ×:水漏れあり(ひび大) 27.2% × ○:やや釉の厚さがない
「J」50% 22.4% ○
「J」30% 17.0% ◎

収縮率は成形して乾燥させた大きさから、本焼成後の大きさで算出。素焼き終了時点での計測はせず。例:「O」100%の場合:口縁の径:7cmから5.9cmに収縮(15.8%)。

 

「O」100%は単味で問題ないでしょう。鉄分を多く含んだ土のようで黒く発色しています。釉も安定した状態で土もしっかり焼き締まっています。後述する板状のピースでも灰釉1・灰釉2・乳濁灰釉(藁灰)それぞれ問題ないと判断しました。乳濁灰釉で何か作りたいと思います。

 

「J」30%と50%は信楽の長石粒と「J」土の鉄分の黒い斑点がそれぞれ出ています。鉄分がほどよく中和され色合い的に抹茶碗が良いかもしれません。土の収縮率は「J」50%では22%と高めですがいけそうです。「J」30%は色合い・収縮率ともに良好です。

 

この段階で作れる・作れない土を切り分けて「ダメな組合せを消去」していきます。水漏れがひどい「J」100%と80%に灰釉1(一度がけ)をあきらめます。「J」は混ぜ土で少量使いますが、残りの大部分は天日干しスペースに戻します。

 

 板状のテストピース

左から。上段テストピース名「O」灰釉1・灰釉2・乳濁灰釉で試験。メモの数字は施釉回数。
下段テストピース「J」灰釉1・灰釉2・乳濁灰釉・黄瀬戸釉・織部釉。メモの数字は施釉回数。
板状のテストピース_結果
見づらい箇所はご容赦ください。釉薬が複数になるので表は割愛させていただきます。

 

結果として「O」は灰釉1・灰釉2・乳濁灰釉すべて良好(釉の一度がけ・二度がけともにOK)。

 

「J」の一度がけは全滅。二度がけでも黄瀬戸釉は色が出ず、織部釉は縮れてしまってだめでした。土との相性が悪いので「J」は灰釉1・灰釉2・乳濁灰の二度がけを残して(ただしひびが出るので難あり)あとはあきらめます

 

なお施釉回数は二度がけの方が発色がよく、釉が流れてピースが貼りつくこともありませんでした。一度がけでは釉が薄いので土味が分かりやすく、二度がけは釉の濃淡が出ていました。

 

 難しい・・・結論は?

文章だと難しいですね!実際は簡単な消去作業です。

  • 問題なし:「O」は土・釉薬ともに問題なし。「J」50%と30%も灰釉1ならば問題なし。
  • 難あり:「J」100%で釉は2度がけ(灰釉1・灰釉2・乳濁灰釉のみ)。※ただしひびが入りやすい

このように複数のテストピースと釉薬によって様々なことが推測できます。もちろん焼いてみないと結果は分かりませんが、ある程度の予想をたてるにはこのようなテスト焼成が有効です。

 

前のテスト項目に戻る:施釉

 

 

陶磁器お役立ち情報 トップページへ

 
スポンサード リンク

サイトマップ
TOPページ 当サイトについて お問い合わせ