陶器の保温性がよい理由

スポンサード リンク

陶器の保温性がよい理由

 

 陶器の内部

陶器と磁器ではどちらが保温性に優れているのでしょうか?これは実際に同じ厚みの陶器と磁器にお湯を注ぐと分かります。

 

陶器はゆっくり温まるのに対して、磁器は速やかにうつわが熱くなります。10分ほど置いたあとに熱湯を捨てると、陶器の方がより長い時間あたたかい状態を保ちます。

 

この違いは素地の緻密性によるものです。緻密性とは簡単にいえば隙間が多いか少ないかの度合いのことです。

 

すなわち陶器は焼き締まりが弱く(緻密性が低い)目に見えない小さな空気が内部にたくさんあります。その一方で磁器は焼き締まりが強く(緻密性が高い)ガラス化が進んで空気がほとんどないといえます。

 

よく「陶器は多孔質である」というフレーズを聞きますが、これは緻密性が低いため、内部には隙間や空気の粒が多いともいえます。

 

 空気の働き

こうした空気のおかげで陶器は保温性に優れています。なぜならば陶器内部の空気が断熱材の働きをするからです。空気は温まるとその熱を保つ性質があります。ただし空気が動くと熱が下がりますので、陶器の中にある「閉じ込められた」空気の粒が保温力を高めてくれるのです。

 

これは身近な例だと分かりやすいのですが、羽毛布団やダウンジャケットは内部にある空気の層が熱を閉じ込めます。素地の中にある「閉じ込められた」空気たちが暖かい状態を保ってくれます。

 

あるいはスキー場など寒冷地の窓ガラスも分かりやすい一例です。1枚のガラスではなく2枚のガラスが重なっているケースです。窓を閉めると外側のガラスと内側のガラスの間に「閉じ込められた」空気の層ができます。この層がクッションになるため、外気の寒さが直接伝わるのを和らげてくれます。

 

このように陶器内部にある隙間・空気が温まった熱を閉じ込めてくれるのです。

 

 保温性が高いメリット

熱をより長く保つという事は逆にいえば温まりにくいといえます。つまり陶器は温まるまで時間はかかりますが、その後は冷めにくいということになります。

 

この利点は抹茶椀や土鍋などで活かされています。

 

たとえば抹茶椀は直接手に取ります。茶を点てて手に取った時、ゆっくりと熱が伝わるため心地よい温かさでいただけます。仮にこれがガラスの椀であればすぐさま「熱っ!!」となるわけです。茶碗で樂や萩、唐津などが使われるのはこうした利点によります。

 

また、土鍋で煮込んだ料理はなかなか冷めません。そして火を止めても加熱作用は続くのが土鍋の利点です。いったん加熱されれば食材にじっくりと火が通り、空気の層のおかげで熱を外に逃がしにくくなるわけです。

 

鍋料理を食べている間に短時間で冷めてしまっては困りますね。鉄やステンレスの鍋だと加熱は早いのですが、冷めるのも早くなります。これらは熱伝導はよくても保温性に欠けるといえます。

 

このように陶器の保温性は空気の断熱作用のおかげです。閉じ込められた空気が多すぎれば焼くと破損してしまいますが、許容範囲内であれば温かみのある多孔質の作品ができあがります。この特性とやわらかな肌合いが陶器の魅力といえるでしょう。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

陶磁器お役立ち情報 トップページへ

 
スポンサード リンク

サイトマップ
TOPページ 当サイトについて お問い合わせ