ボーンチャイナの「China」とは?

スポンサード リンク

ボーンチャイナの「China」とは?

 

 ボーンチャイナについて

ボーンチャイナとは磁器の仲間で、原料の粘土に牛の骨を焼いた骨灰(こつばい)が30%〜60%含まれています。18世紀末にイギリスで生まれたボーンチャイナは、はじめ中国や日本の白磁を目標にして作られました。

 

この背景にはシノワズリ(仏: chinoiserie)という中国趣味の流行があったからです。ヨーロッパでシノワズリの隆盛は17〜18世紀であり、18世紀半ばには日本趣味であるジャポニズム(仏: Japonisme)も影響を与えたと考えられます。

 

しかしイギリスのボーンチャイナでは、中国や日本のように陶石や磁器質の土が原料ではありません。それは陶石をはじめとした原料がイギリスでほとんど入手できなかったためです。

 

そこで乳白色に焼きあがる牛骨灰を使用しました。

 

牛の骨灰は骨の成分であるリン酸カルシウム類が豊富なうえ、鉄分をほとんど含みません。鉄分が多いと焼いたあと黒みを帯びてしまいます。ゆえに鉄分の少ない牛骨灰は白色の作品を作るのに適しています。

 

現代では骨灰のほか同成分(リン酸カルシウム類)を素地に添加して作られています。ボーンチャイナは骨の成分が含まれているので、一般的な磁器(陶石や磁土)よりも成形が難しいことで知られます。

 

しかし高い技術によって成型されたボーンチャイナは、白色の素地と滑らかな手触りで世界的に高い評価を受けています。現在でもイギリス本国をはじめ、ヨーロッパや日本において優雅な白色のうつわが作られています。

 

さて、原料の特性からボーンチャイナのボーンは「骨」からきていることが分かります。ではチャイナは何に由来するのでしょうか。

 

 ボーンチャイナの「China」

冒頭でボーンチャイナは中国や日本の「白磁」を目指していたと述べました。白磁のはじまりは6世紀ごろの中国までさかのぼります。6世紀というと北斉(ほくせい 550年〜577年)の時代に白磁が焼かれたことがわかっています。

 

つまり中国においては、イギリスのボーンチャイナ誕生より、約1,200年も早く白磁が作られていたことになります。

 

そのため「China」は中国発祥である「磁器」も意味します。英語では「China ware」とも呼ぶほか、「porcelain」(磁器のこと)は使わず「China」と表記した書籍も一般的といえます。また会社名にチャイナがつく企業が、磁器製品を扱っているケースも見られます。

 

このようにボーンチャイナという名前は、イギリス独自の骨灰(bone ash)と中国発の磁器(China)に由来します。

 

陶石で作る一般的な磁器にくらべて、ボーンチャイナの白は純白に近いです。というのも一般的な磁器は還元気味(酸素が不足した状態)で焼成されるので、素地に含まれる微量な鉄分が青く発色します。

 

それに対してボーンチャイナは鉄分がほぼ含まれないうえ、酸化状態(酸素が十分な状態)で焼成されるため純白〜やや黄色味をおびた白色になります。仮に還元焼成しても青く発色せずむしろ白がはっきり出ます。

 

ゆえにより白い焼きあがりを求めるならば、ボーンチャイナの「白」は魅力的です。また光を通す透光性にもすぐれ、乳白色の器体が光をうけた肌合いは独特の透明感と美しさがあります。

 

ただしリン酸カルシウムが高価であること、本焼きを二度行うなど希少性は高いといえます。ボーンチャイナは日本では30%以上のリン酸カルシウムを含むとされます(JIS規格)。

 

ちなみにリン酸カルシウムを含まない「ニュー・ボーンチャイナ」と呼ばれる磁器もあります。長石と磁土で作られその白さは長石の発色です。ニューボーンは青味を帯びないよう酸化焼成で作られます。

 

これは新しく生まれた(1960年代に岐阜県多治見市で開発)ということで「new born」と名付けられました。量産に適しており乳白色で透光性も多少ありますが、品質や工数ではボーンチャイナに及びません。しかし安価に大量生産できるという点で、ニュー・ボーンチャイナは非常に優れています。

 

磁器への憧れから始まったボーンチャイナは、中国や日本磁器の模倣ではなく今や独自の地位を確立していると言えます。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

陶磁器お役立ち情報 トップページへ

 
スポンサード リンク

サイトマップ
TOPページ 当サイトについて お問い合わせ