釉薬の種類

スポンサード リンク

釉薬の種類

釉薬の種類 | 釉薬の調合 記事一覧

釉薬の3大要素 | 熔かす・接着・ガラス

 釉薬の3大要素とは釉薬には3つの大きな役割があります。当サイトでは基礎知識のカテゴリーで概要を紹介しました。(参考ページ : 釉薬(ゆうやく)とは)このページでは3つの役割を、更に掘り下げていきます。釉薬の組成(そせい:構成する成分のこと)は、1塩基性酸化物 2中性酸化物 3酸性酸化物に大別されま...

≫続きを読む

 

透明釉

 透明釉について釉薬の性質・外観の区分のひとつに透明釉があります。これは光沢のある透明無色の釉薬を指します。たとえば染付に用いられる石灰釉や灰釉(高火度釉:1,200℃前後で熔ける)や、唐三彩(とうさんさい)のような鉛釉(低火度釉:800℃前後で熔ける)が代表的な透明釉です。素地の色や化粧土の色をそ...

≫続きを読む

 

失透釉

 失透釉について釉薬の性質・外観の区分のひとつに失透釉(しっとうゆう)があります。失透釉とは表面に光沢がある不透明な釉薬のことです。失透釉が不透明なのは、釉薬の内部に「細かい結晶」があるためです。たとえば透明ガラスと、白っぽいタイルをイメージしてみましょう。どちらも表面は光沢がありますが内部が違いま...

≫続きを読む

 

マット釉

 マット釉について釉薬の性質・外観の区分のひとつにマット釉があります。マット釉とは表面に光沢がない不透明な釉薬を指します。身近な例では敷物であるマットが分かりやすいです。もともとマットには「光を反射しないもの」「光沢のないもの」という意味があります。マットは動物の毛などツヤ消し状の素地がよく使われま...

≫続きを読む

 

乳濁釉

 乳濁釉について釉薬の性質・外観の区分のひとつに乳濁釉(にゅうだくゆう)があります。乳濁釉とは釉薬の成分がきれいな結晶にならず、非晶質(ひしょうしつ)の状態になっています。たとえば液状に見えるガラス層や、粒状に見えるガラス層に分かれるため、白濁する釉薬になります。このように釉中の成分が、性質の異なる...

≫続きを読む

 

結晶釉

 結晶釉について釉薬の性質・外観の区分のひとつに結晶釉があります。結晶釉(けっしょうゆう)とは、釉中にある結晶がはっきり目視できる釉薬のことです。失透釉やマット釉の場合、結晶質によって不透明になります。しかしその結晶をひとつひとつ肉眼で確認することはできません。そのいっぽう結晶釉の場合は、結晶が核を...

≫続きを読む

 

上野緑釉 | あがのりょくゆう

 上野緑釉について上野緑釉(あがの りょくゆう)とは、福岡県の上野焼で使われる緑釉(酸化焼成)のことをいいます。上野焼に特徴的な釉薬であり、単に「上野釉」と呼ぶこともあります。上野緑釉の呈色剤には主に酸化銅が使われます。このように銅を呈色剤とする釉を「銅緑釉」と呼びます。ちなみに灰釉に酸化銅を加える...

≫続きを読む

 

飴釉 | あめゆう

 飴釉について飴釉(あめゆう)とは鉄釉の一種で、酸化焼成で褐色になる釉薬です。この褐色を「飴色」と呼ぶことから飴釉の名が定着しました。釉中に含まれる酸化鉄は5〜8%で、それ以上増えると黒釉になります。調合例:福島長石6:土灰4。外割で鬼板5%淡黄色の焼きあがりになった場合、鬼板の%を上げていきます。...

≫続きを読む

 

伊羅保釉 | いらぼゆう

 伊羅保釉について伊羅保釉(いらぼゆう)とは伊羅保茶碗に使われる釉薬です。伊羅保茶碗は高麗茶碗の一種であり、侘びた佇まいと素朴な釉調が見てとれます。その伊羅保釉は、胎土の砂気により手触りが粗いのが特徴です。高麗茶碗の名の起源は不明なものが多く、伊羅保の由来もはっきりとしていません。一説によれば釉肌が...

≫続きを読む

 

織部釉 | おりべゆう

 織部釉について織部釉(おりべゆう)は酸化焼成で緑に焼きあがる釉薬です。これは灰釉をベースとし、呈色剤として酸化銅を3〜5%加えたものを指します。調合例:釜戸長石6:土灰3:藁灰1。外割で酸化銅(II)4%調合例:三河長石4:土灰6。外割で酸化銅(II)4%ちなみに銅を呈色剤とする釉薬を銅緑釉(どう...

≫続きを読む

 

柿釉 | かきゆう

 柿釉について柿釉(かきゆう)は鉄釉の一種で、茶褐色の釉薬を指します。その色調はチョコレート色ともいわれ、必ずしも柿の色と一致するとは限りません。柿釉は釉中の鉄分がおよそ12%〜15%となります。鉄分は約10%で黒色を呈し、それ以上増えると次第に飽和してきます。つまり柿釉の渋い茶色は、溶けきれずに飽...

≫続きを読む

 

黄瀬戸釉 | きぜとゆう

 黄瀬戸釉について黄瀬戸釉(きぜとゆう)とは灰釉をベースにした黄色の釉薬です。調合の一例を挙げるならば、釜戸長石6:土灰4。外割で鬼板を3%釜戸長石4:土灰6。外割で黄土10%淡黄色の発色は木灰に含まれる微量な鉄分(=1〜3%の酸化第二鉄)によるものです。ただし木灰といっても、含まれる鉄分量は種類に...

≫続きを読む

 

志野釉 | しのゆう

 志野釉について志野釉(しのゆう)とは志野に使われる白色釉薬です。長石を単味で用いるのが一般的で、厚めに施釉されることが多いです。釉薬に厚みが出れば白さが増し、ピンホールも出やすくなります。その一方で釉が溶けきらない、溶けて流れすぎる、緋色が全くでないなど。志野の歩留まりはけして良いとは言えないでし...

≫続きを読む

 

青磁釉 | せいじゆう

 青磁釉について青磁釉(せいじゆう)とは、酸素が少ない還元焼成によって青〜緑色に発色する釉薬です。この発色は釉薬に微量な鉄分が含まれるためです。鉄分が少なくなれば青白磁のような淡い色になり、鉄分がほぼ含まれなければ白磁や染付のような透明釉になります。還元とは逆に、酸素が十分な状態である酸化焼成では黄...

≫続きを読む

 

蕎麦釉 | そばゆう

 蕎麦釉について蕎麦釉(そばゆう)とは鉄釉の一種で、緑色〜黄色に発色します。光沢が少なく鉄分が結晶になって表れるのが特徴です。失透釉でもあり結晶釉の性質も併せ持つわけですが、結晶ができるのは焼成後の徐冷時間が必要です。また発色の違いについては焼成条件によります。たとえば酸化焼成では黄〜茶褐色に焼きあ...

≫続きを読む

 

サイトマップ
TOPページ 当サイトについて お問い合わせ